30代中盤から無理なくできるファスティングダイエットの効果と私のやり方

30代の仲間内で話す内容は20代とは違い割りと健康の話で盛り上がったりします。

大抵は体重の事や健康情報についてです。

若さでどうにかできるという年齢が終わり、自己管理をちゃんとやらないとわりかし身体にダイレクトに反映されてしまう、身体と心の曲がり方です。

特に一番の話題は体重や体脂肪の事になります。

20代で普通に食べていてスリムだったのに、30代になって急に体重が増えて腹の肉が付いたという話を良く聞きます。

確かにわかい頃と比較して食べ過ぎたと思ったら直ぐに体重や体脂肪に、目に見えてお腹の肉についてしまいます。

グルメが趣味な人ほど割りと顕著だったりします。

 

そんな体重の悩みですが、私の場合割りと大丈夫だったりしています。

私が実践しているのがファスティングダイエットです。

ファスティングダイエットは日本では断食ダイエットとも言われていますが、断食とはちょっと違い、三食のうち何食かは抜くというものです。

私の場合、仕事上夜食べ過ぎてしまうと睡眠が浅く、翌日の胃もたれが辛い事もあるため健康上の理由で夜食べない夜ファスティングダイエットを行っています。

 

初めての頃は夜の夜食番組によだれと空腹に悩まされましたが、明日の朝すっきり起床できるし健康的に居られると思うと割りと耐えられました。

この夜ファスティングダイエット、夜の睡眠が非常に快適になり、朝の目覚めもすっきり!さらに夜のお酒も飲まないようにしたことにより内臓も休まり朝のどんよりとした気分も軽減しているように感じます。

 

体重減少効果もすざましいものがあり、ちょっと昼を控えるだけでも一日1kg以上減少している場合もあります。仕事柄肉体を使うため一般の方より消費カロリーが激しいこともありますが、夜ファスティングダイエットするだけで全盛期175cmの68kgだった体重も無理なく62kgまで減りました。辛いと思ったことはあまり無く、なんかえらい痩せたななぁと感じる程度です。

夜抜くだけのファスティングダイエットおすすめです。